2010年2月22日月曜日

キャンピングカー初体験

 とうとう、行ってきました!キャンピングカー屋さん……もといビルダーさん
 
オーエムシーさん → ロータスRVさん

 まずは、オーエムシーさんによりました。

 はじめてのビルダーさん…o(;-_-;)oドキドキ♪(オットが付き合ってくれてよかった〜) 10数台とめられる駐車場といった感じの展示場に、みっしりハイエースがとまってます。きさくな感じのお兄さんが、さっと出てきてくれました。

 まずは北斗。高さ2.1mなので、普段使いができます。トイレ・電子レンジ・冷蔵庫・2段ベッドが「ぎゅううっ」と詰まってます。窮屈なのは…ワタシがトトロ体系だからかな ( ̄▽ ̄;)!!

 次に銀河。ハイルーフの大きさに、ひるむ〜。でも中は…

広い〜、腰をかがめなくても歩ける〜

 2室に別れた常設2段ベッドという構成は北斗と変わらないのに、なんていうか…これぞキャンピングカーという感じ(北斗は車中泊という感じかな)。北斗と見比べることもなく、そのあとずーっと銀河に居座りました。

「スキーで疲れて帰ってきて、ドアをあけてベッドに倒れ込めるね〜」
「だんなが寝てても、ダイネットでワタシくつろげる〜」
「床に座ってスキー靴履くのにいいよね〜」
「スキーはどこにつめるかな?」
「動線が長いから、犬の居心地よさそう」
「床の素材も、犬が粗相しても大丈夫そうだよね」

 この車を楽しむイメージがどんどん出てきます。

「普通は奥さんが反対されてて、ここに連れてくるのも大変なんですよ」
「年間80台も売ってますと、キャンピングカー扱える人・扱えない人がわかってきます。太鼓判おします☆ミ凸ヽ(^-^)」
「大きくて扱えない、小さくすると過去行ってきたひとはいませんよ」

 オーエムシーさんからは、甘〜い囁きが、次から次へと。ベッド展開してくれたり、布地やカーテン見本を持ってきたり、過去のお客様の車の写真を見せてくれたり…

「洗脳される前に、行きますっ」
「きっと戻ってきますよ〜、無駄足になりますよ〜」
「早く戻ってこれるよう、行きますっ」ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 次は、現在第一候補のロータスRVさんのマンボウEve。こちらは、工場の中で見学となりました (*゜O゜*)どきどき

 キャブコン。床がすごく高いです。なるほどこれなら、歩いている人と目があったりしません。SAでも道でも、プライバシーは保てそうです。
 色も本では赤っぽかったのに、実際は大好きなオレンジで好み!
 これに、エアコンとシャワーがつけられる。シャワー室も思った以上に広くて、十分使えそうです。
 何もあきらめないキャンピングカーだと思っていたのですが…

「発電機は(うるさくて)使えません」
 発電機を載せた車を作ったビルダーも、こんなこというんですか〜 orz
 さらに、シャワー室の排水は、排水タンクに繋がっていないんですって。じゃあ、バンコンとかわらないじゃないですか〜。

 マンボウが、第一候補から滑り落ちていきました…。

 最後に、ボンゴの運転席に上がらせてもらいました。
 た、高い。重い身が、あがらないっ
 これは…歳とるとあがれないかも。
 後ろのドアからあがって、運転席に滑り込むのかな?ハイエースも運転席に乗ってみればよかったです。

 オットがつきあってくれるかどうか当日までわからないし、遠くて到着時間がよめなくて、事前連絡できずに伺いましたが、ビルダーさんは少人数で対応してくださっているので、やっぱり事前に電話していったほうがいい感じです。
 遠くからのお客様にビルダーさんは慣れていらっしゃるみたいだし。
 遠いと思っていたロータスRVさんにも
「近くじゃないですか〜。伊豆からだってお客様きますよ」
 オーエムシーさんも
「北海道まで納車しました」
 キャンピングカーの世界の方々にとって、日本は狭いみたい(笑)
 急遽対応してくださったビルダーさん、ありがとうございました!
 m(_ _"m)ペコ

 今回は目的の車種があったので、それしか見学しませんでしたが、それだけでも、時間がたっぷりかかりました。いろんな車を見てみるのは、やっぱりショーのほうがよさそうです。
 マンボウは来週には名古屋のショーにお出かけしちゃうのだそうです。ってことは、他のビルダーさんの車も、お出かけなのかな? 次の見学は、いついけるかな〜

0 件のコメント:

コメントを投稿