2010年6月22日火曜日

ケータリング・ホーム?

オットの仕事が、とっても忙しいです。
先週金曜日は、とうとう終電に間に合わず、深夜のタクシー帰り。

「明日、仕事場まで車で送ってくれない?」

休日出勤に珍しいおねだり。こりゃ、かなりツライんだな。
ツマ、がんばらなくっちゃね。

「午前中で帰れるかも」

というので、帰りまで車で待っていようと、ZiLでお出かけ。

休日は安いコインパーキング。ありがたや〜

人が少なくなる都心。まわりのお店・施設もお休み。
駐車場のまわりは工事現場で、気兼ねがないのはいいけれど、
風が全く通らなくて、茹だる〜
実は今、インバーターが壊れてて、自慢のエアコンが使えません。
時折、エンジンをかけてクーラーで身体を冷やしながら、
ちょこっと昼寝したり、iPhoneに入れたビデオをみたり、
刺繍したり、携帯電話でワンセグTVみたり……

でも、オットの仕事は難航。
「午前中で終わらない」が「夜8時目標」になり、
「夜御飯、別で」になり……
とうとう日をまたいでしまいました。

昼間は平気だったけど、さすがに夜は心細い。
電気節約というか、怪しまれそうで光を付けることもできず、
暗い車内で、暇つぶしも飽きて、かといって眠ることもできず……

私、一人旅は、無理なのかなぁ

結局オットが帰ってきたのは4時前。
(空、明るくなり始めてましたよ〜)
そのまま倒れ込むように就寝。
朝の出勤時間ギリギリまで寝ていました。
シャワーを浴びて、着替えて(念のため持ってました)、ご出勤。
私はひとり、帰路につきました。

1人でZiLを運転するのは、考えてみたら初めて。
でも、オット孝行なツマに、カミサマご褒美をくれたみたいです。
ドキドキの首都高も、空いていて合流もラクラク。
一番心配だった自宅車庫入れも、なんと一発で成功\(^o^)/

出勤風景の都会をキャンピングカーで走っていると、
なんだか不思議な気分。
これは、日常なんだか、非日常なんだか。

「意外なキャンピングカーの使い方?
マイホームをケータリングした感じ?
これで手料理してれば、完璧だったかなぁ」 
 (まだZILで自炊は想定外です)

2人宿泊を考えれば,キャンピングカー泊は安上がりとはいえ、
ぜっったいホテルのほうがラクチンですけどね。
それ以上のものがあったのか、なかったのか……

私はその後2日間、ボケボケへろへろです ( -.-) =з

1 件のコメント:

  1. σ( ̄∇ ̄o)も、両親が成田から海外旅行する際に、前泊地としてジュニアを活用しました。
    どこでも止まれる場所があれば、そこは小さいわが家♪
    こんな使い方ができるのも、キャンカーならではですよね~!

    返信削除