2011年11月13日日曜日

東京キャンピングカーフェア2011

出かけてきました!
東京キャンピングカーフェア2011@お台場


(余談)
出かけたかったのはワタシなので、運転はワタシ。
オットナビで出かけたのですが、途中電話応対でオットがナビを放棄。
そのとたん「高さ2.2m」の陸橋登場で、あやうくオープンカーになるところでした。

さっと一巡りしたところで、このところ激務なオットはZiLに帰宅。
今日はワンコも家に置いてきました。
さー、のびのび回れるぞー(笑)

オバサン一人でまわっていると、
なんだか係の人もほほえましく(すこし遠巻きに)見守ってくれるみたいで、
気楽に見て回れました。何台も中に入ってみました。

その上での結論。

今のワタシにはZiLがベスト!
 
 後ろ2段ベッドタイプは、狭く感じてしまってダメ。
 シャワー対応してないマルチルームはダメ。
 排水タンクが小さいのはダメ。 
 トイレ個室がないいとダメ。
 ハイエーススーパーロングは小回りきかなくて運転できないかも。

機能てんこ盛りのZiLから、何一つ失いたくない……と感じているんですね〜
(いらなかったマルチルームのシンクはとっちゃったし)
逆に足りないな〜と思うのは足回り。

レクビィパタゴニア
足回りがよくなるかな、と気になっていたハイエースベースのリアエントリーキャブコン
タイヤの後ろにドア作るから長くなっちゃう(5.25m)のがショック

足回り強化で(多少車体が大きくても)気になるのがエルフベース車。
AtoZさんには、エルフベースのキャブコンが展示されていました!

ALBION 2t と ALAMO 1.5t
両方とも、ダブルタイヤです!
試作車だそうで、細かい所はまだ作り込みが…

他の方への説明に聞き耳をたててみたら、
「スピード出せますよ〜 出しても寝られるんですよー! 1度も跳ねませんでした!」
そんなに良くなるなら……多少大きくなっても……(いかんいかん)
ZiL520もエルフベースが出てきましたし、
今後、エルフベースの車が増えてくるのでしょうか。興味津々です。

エルフ運転席で発見。謎のあやしげなボタン
オット「射出ボタン」、ツマ「自爆ボタン」
正解は何なのでしょう……?

ちなみにバンテック(というよりRVランド)さんは、
キャブコンはZiLZiL480skipZiL520の展示でした。
このところZiLの展示なんてなかったのに……
コルド系はなし。コルド系は展示車まで売ってしまったのでしょうか?

そんな欲望を抜きにして、面白いな〜と思ったのが
日産ピースクラフトヤドカリ クリッパー

バックエントリー
パタンと足場を広げてラダーで乗り降り
お店かと思うほどの解放窓
中に入ってみました。ジャスト2人サイズ!
バンクは荷物置きに便利そう。
大きな窓、サンルーフもついてて、開放感抜群。
1人だったらベッドメイクいらないかも。

ヤドカリの中は、思った以上に心地好い空間でした。
キャンピングカーって、中に入ってその空間を感じてみるって重要ですね。
エントランスや窓から覗くだけの展示や見学では、
良さも悪さも分からないなって思います。

思えば、今のZiLも、ノーマークだったのに展示車の中に入って、
まったりして「やられちゃった」んでしたっけ。

レクビィカントリークラブ
ZiLの前に実車に触れられてたら、こっちになっていたかもしれない車

0 件のコメント:

コメントを投稿