2012年8月14日火曜日

2週連続福島へ-2 震災と原発事故

福島旅行記2回目です(→前回

高速を降りたのは、東海スマートIC。
同じ海辺を走るなら、福島に入る前に、
臨界事故を起こした東海村からにしようと思いつきました。

インターをおりた道を海に向かうと現れる原子力研究所。
国道に面した向かいには民家やコンビニ。近さにびっくりします。

いきどまりが原子力研究所
交通事故より原発事故防止をおねがいします

後から調べてわかったのですが臨界事故を起こしたJCOは
海辺ではなく、出てきたスマートICのすぐそばでした。
原子力研究所とJCOの間に、村役場がありました。有事の際、大丈夫なんでしょうか?
今回のブログを書くにあたって、臨界事故を調べると
「バケツで臨海」なんて軽い言葉で語ってはいけない事が
ここで起こっていました。
致死量の被爆をうけた被災者…新しい細胞が全くつくられず、崩壊していく体。
こんな残酷な死に方ってありません。
ショッキングな画像もでてきますが、是非調べてみてください。
福島では、現在進行形かもしれません…
原子力研究所+発電所に面した道を端から端まで走った後、
海沿いの国道245号沿いを北進します。
時々、屋根にブルーシートや土嚢が乗ったままの家屋がありましたが、
高台のためか、津波の被害を目にすることはありませんでした。


国道6号にはいるとすぐ、海辺に突き出た道になります。
眼下に町がありますが、震災の爪痕は遠巻きにはあまりわかりませんでした。

震災当日はこんな状態だったようです→リンク

福島県に入り、より海沿いを走ってみました。
それまで、ほとんど津波被害の爪痕を目にしてこなかったのに、
ある区画に来た途端…

2Fは普通に見えても、1Fがくずれかかったり中が空っぽの家・家…
となりにはまるで新興住宅地のように建つ新しい家の群れ…
 その合間あいまにある空き地は、基礎だけのこされた家でした。雑草に覆われていました。

津波って残酷です。
たった1区画違っただけで、被災の有無が変わります。
海辺は坂なので、ほんの数メートル離れただけで変わります。
あるいは1Fと2Fだけで。くっきりと線が引かれちゃいます。
そして1年以上たった今、立ち直った家とまだ立ち直れない家が隣り合っています…
いえ、立ち直ったのは家ばかりで、中にお住まいの方は、
まだまだいろんなことに苦しんでいるのでしょう。


スタンプラリー帳に、道の駅「よつくら港」が
仮営業所で3時までしかスタンプが押せないとあったので、
急遽行き先を変更しました。が…

仮営業所はリニューアルオープンにむけて休業中orz
大きな建物は建て直されたようです。
奥の建物は津波の爪痕がくっきり。
トイレも仮営業中
道の駅裏(港側)の公園。滑り台が津波を生き残ったそうです
奥の海岸線には、すごい数のテトラポッド。
応急の護岸工事でしょうか?
海辺には、漁船のがれきの山
リニューアルされた建物の柱には、応援メッセージが
国道の向かい側には、土台だけの建物が。
奥の建物も1Fは被災しているようです。

震災直後から道の駅周辺の様子がわかる動画を集めてみました。
津波の傷跡 いわき市四倉港(道の駅付近)11.03.12 震災翌日 四倉~久ノ浜
四倉【いわき津波被害(21)】2011年3月25日撮影
大震災(19日目)いわき市四倉港沿岸部の住宅vol:17-1
東日本大震災被災地 福島県いわき市四倉(2ヶ月後)
福島県の道の駅巡り・その2.(2012.4.30~2012.5.14)
1年余、GW頃。新店舗が建て直される他、仮店舗の様子もわかります。

ここで15時をまわってしまいました。タイムアップです。
海近くのキャンプ場はどこも休業中です。
山に入ったところのキャンプ場を予約し、
道の駅からほど近いローソンで遅い昼食を買ってむかうことにしました。
つづく

【余談】
被災地の空気の中で、下の本を読みました。
「遺体―震災、津波の果てに」
歯科医、市職員、自衛隊員、僧侶… 
釜石の遺体安置所をめぐる、遺体に接した人たちのルポルタージュです。
テレビなどでは一切隠されてきたお話です。
時系列を追いながら、短いエピソードごとに区切られています。
そうじゃないと耐えられないというのもありますが、
流れの中で読み流さず、そこで一回静かに涙したくなる、そんな本です。

この本には、センセーショナルな表現も、誘導する説教も一切ありません。
その分、素直に涙し、いろいろ考えさせられました。
こういうドキュメンタリー番組がみたいのですけれど…
テレビでは無理なんでしょうか。
神戸震災の時、ナレーションを一切いれず、
被災地の映像をひたすら流していた番組があったのですが…
今回はそんな番組には出会えませんでした。

2 件のコメント:

  1. 神戸の震災と東北の震災の一番大きな相違は?
    そうです。原子力が関係していることです。
    復興など、原子力と日本人がどう向かい合うか
    決めなくては、何も抜本的に始まらないでしょう。
    素直に、被災者の現実を受け入れできるような
    ものをマスコミも考えるべきでしょう。
    根本的な復興などしていないのが現実ですね。

    返信削除
  2. >woopuruさーん

    震災直後は、テレビを見るのがつらくなってしまって、
    あえてテレビ消して、ラジオばっかり聞いてました。

    原子力で作られた電気をノーリスクで享受してきた私は
    偉そうなことはいえませんが…
    少なくとも原子力発電に意見するヒトは、
    マスコミや推進派・反対派の目を通すのではなく、
    自分の目と肌で、東海村と福島を感じてほしいです。
    その土地から・ヒトから、自分が何を奪うのかを。

    返信削除