2012年8月2日木曜日

ZiL復帰旅3 チャレンジ?道の駅スタンプラリー

明日からの仕事を考えれば、あまり帰りは遅くならないほうがいいのですが…
オットは、また来るときを考えて、
買い物ができる店の探索に、猪苗代の町にむかって走りだしました。

キャンプ場方面…のはず。自然しかありません。

キャンプ場最寄りのセブンイレブン(猪苗代長浜店)

国立公園内の景観保護のためなのでしょうか?
落ち着いた色の看板になってます。

その向かいは遊覧船乗り場と無料駐車場。トイレもついててP泊もできそうです。


どうして湖の遊覧船というと、白鳥になるのでしょう(^◇^;)
いえ、この湖は白鳥の飛来地。正しい姿なのかもしれませんが…
もう1艇は、かめ?! となると、白鳥ではなく鶴であってほしいような気もします。

虫にたかられた足が気持ち悪いらしく、拭き掃除中のオット。
足蹴にしたポール、実はゴム製でやわらかくてビックリ

そしてあいかわらず、対岸がちっともみえない猪苗代湖。
この角度だと、湖の一番長い距離がみえるはずです。
天気に恵まれなかったのかもしれませんが、それだけ大きいということなのでしょう。


そして… ここでも泳いでます。遊泳エリアのようです。


猪苗代町にむかう道…
磐梯山のきれいな稜線と、点在する森と、密集する民家以外は、
田んぼでうめつくされてます。

見慣れた田園風景とちがって、一区画が大きいです。
町と田んぼは、結構はっきり分かれるんですね。

猪苗代の町でスーパーを確認、ドラッグストアで殺虫剤を購入したあと、
(次回は猪苗代磐梯高原I.Cおりて、猪苗代町で買い出しをし湖畔に向かうことになると思います)
道の駅ばんだいにむかいました。


駐車場誘導の警備員「長さどれくらいですか」
オット「5mちょっとです」
警備員「いえ…どれくらいの時間いますか?」
オット「…30分くらいかな〜」
キャンピングカーに長さをきいたら、車のことでしょ〜普通!
結果、案内されたのは、なぜか裏の駐車場でした。

となりは、上をあるけそうな緑の絨毯。田んぼが本当にきれいです。
福島の人は、東京もんがこんなに田んぼに感動するなんて思いもしないのでしょうね〜

この道の駅「ばんだい」には、名前つながりでガンダムがいます (^◇^;)


お土産売り場には、BANDAI製品を売ってる棚もあります。

はっきりいって、ちっちゃいです。

巨大ガンダムも是非被災地にきませんかね〜

もちろん、ここでもお金を落とします。
おみやげコーナーで、「会津カレー焼きそば」、東北限定茶漬け。
野菜直売コーナーで、とうもろこし、いんげん、枝豆、アスパラ、
さらに桃5個入り1箱を購入しました。
帰宅してから食べましたが、野菜はどれもすごくおいしかったです!
とうもろこしの 甘さ、枝豆の味の濃さにはびっくり。
産直の野菜とスーパーの野菜が、こんなに違うんなんて〜!(゜ロ゜屮)屮


そしてもう一つの目的、東北道の駅スタンプラリー

ツマが入手したスタンプ帳は、オートキャンパー誌を出している八重洲出版
春にだした「大人のクルマ旅 東北に行こう! 」の付録です。
スタンプラリーの期間は2013.1.15(完走証明だけなら2014.1.14)までですが、
私達ではとても終わらないでしょう ( ̄。 ̄;)
それでもいつかコンプリートを目指してみようかと、始めてみることにしました。

これに気をよくしたオット。もう一つ道の駅を回ってみようと言い出します。
この道のりが大変なこと!どんどん山を登っていきます。
ダムも現れましたが、さらに源流へとのぼっていきます。

おりてみましたが…なにもありませんでした(^◇^;)
こんな山間部でも、少しでも平面がとれる場所は
田んぼになってる風景が不思議です。

道の駅の看板に従ったら、さらにすごい斜度の峠道! 登坂車線なし!

ZiLのぼりませーん!

後ろに車列がのびてしまい、何度も道をゆずるはめに。
そうしてようやくついた道の駅「羽鳥湖高原」は…
湖が全く見えない位置でした orz

たぶん前身は古くからある観光案内所のようです

時間はもう13時! 予定では高速道路のSAでお昼を食べてるはずなのに〜
ところが、この道の駅の食事処には、待ち行列。
あきらめて牛串を買い、おにぎりを食べて、手早く空腹を満たしました。
昨晩炊いたご飯があまって、たまたまおにぎりにしておいたのですが、
いきあたりばったり旅は、非常食が重要ですね。

オットの視線の先は、大型テレビ。みんなオリンピックをみてます。

スタンプはゲットしました〜!

さあ、あとは帰るのみ!
と、利用した東北道・白川ICでは、ETCレーンがトラブってました。
仕方なく一般レーンでカードをだそうと思ったら、自動発券機…?
今、入口に係員さんっていないんですね〜 (^◇^;)ETCにしてからしばらく通ってなかったんで。
発券機の一番上から通行券が出てきました。
大型車にカウントされちゃったんでしょうか?
念のため、ETCカードは機械から出しておきました。

久々の通行券!

出口で一般レーンの係員さんに通行券+ETCカードをだしたところ、
係員さんが車の前からしげしげZiLを見て、割引操作?をしてくれました。
オットいわく「大型車を普通になおしたんじゃないの?」


帰宅は20時過ぎになりました。
ZiL復帰旅は、結局いつもの強行軍旅でした。
福島往復、オット一人で運転し倒しました〜
ツマは外だとよく眠れないタチなので、あまり運転できないのですが、
どこでも眠れるオットは、さすがにスキーをしないと頼りになりますね d(^_-)-☆

旅行記はこれにて(おしまい)

2 件のコメント:

  1. 福島県の道の駅は、あまりキャンピングカーを
    歓迎してくれないのでしょうか?
    Kumamiさんは、ご夫婦で随分福島県に売上貢献して
    いるように見えますが・・・
    羽鳥湖は、うちのママが昔行ったことがあるので、
    もう一回行ってみるかと、今回のツアーで話して
    いた場所です。でも、ZILでこれだけきついなら、
    うちのATOMでは登らなかったでしょう。

    返信削除
  2. >woopuruさーん

    トイレにしか寄らないっていったら、前の駐車場だったのかしら〜?
    裏のほうが空いててとめやすかったので、
    逆にありがたかったです(^_-)-☆

    羽鳥湖は、会津・大川ダムから峠越えしたのが敗因です。
    しかも、羽鳥湖直前の道の駅の小さい案内看板に従ったら、
    湖をみることなく、山越えさせられました。
    素直に湖にまわったら、遠回りでも
    こんなに登らなかったんじゃないかと思っています。
    この罠にはまらなければ、大丈夫だと思うので、
    今度機会があったら、ちゃんと羽鳥湖みてみたいです〜

    返信削除