2012年9月10日月曜日

レカロと左足

福島旅行×3で、すっかり腰痛再発したツマ orz
まだまだ週1回の注射生活を続けなくてはならないようです。

そこで…ZiLに腰痛用レカロシート(ERGOMED)を発注しました!



本当はワタシが座ってる時間が長い助手席を交換したいんですけど…
つけてる人があまりいないなぁ…と思っていたら、
シートの下の形状が凸凹で、 それを吸収するように取り付け金具になるので、
シート自体の高さが運転席より高くなっちゃうのだそうです。
それをどう無理矢理に吸収するかが、問題なのだそうで…。

まずレカロつけるなら、助手席より運転席だよね…

レカロシートがすごく良くて、無理矢理にでも助手席でつけたいと思ってから
助手席交換を考えることにしました。

つまり…

腰痛になったら(なりたくなかったら)運転しろ

ってことです (^◇^;)逆でしょ、ふつー

相談に伺ったのは、カーセールス・ワタナベさん。
ワタナベさんの車には助手席にもレカロシートがついてて
座らせていただきました。 (エルフベースのREXなので、状況がまた違います)
たまたま居合わせたお客様のレガードの運転席のレカロにも
図々しくも座らせていただいちゃいました!
(シート位置まで変えてしまって…ありがとうございました!)

そこで騒然となったのが…

ワタシの左足ブレーキ

居合わせた運転手陣に、10mぐらい引かれた気がします (;゜ロ゜)えー

ネットで調べると、左足ブレーキは沸騰する話題のようですね〜
ワタクシ、左足ブレーキを人様におすすめしませんが、変える気もありません。
反対される方が唱えるリスクをすべて分かった上で、
ワタシにとって「構えブレーキ」は、安全のために必要なんです!
右足ブレーキもできますが、左足構えブレーキなしの運転は怖くてできません。
おかげさまで、車の運転では四半世紀、これで無事故です。

ただ…
カムロードの場合、姿勢に少し無理があるので、
これも腰痛の原因の一部かもしれませんね…

レカロだと、シートが少し高くなる(というか、ホールドのために膝があがる)ようなので、
右足のアクセルペダルも、かかとが少し浮きました(身長158cm)。
何か工夫が必要になるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿