2013年12月31日火曜日

【Maggie改】よいお年を

今年、最後のアップです。
今年中にアップしたい記事を、アップしまくりの今日。
大晦日の過ごし方は、これで合っているのでしょうか ( ̄。 ̄;)

ちょこちょこと進めていたMaggie猫も、ここまで来てます。


アメリカ国旗の半分を、日本国旗にしてみました。
でも、半々にするんじゃなくて、
下にもう1枚国旗をたせばよかった、と、ちょっと後悔してます (T^T)

来年も、すこしずつ… 浮気もしまくりつつ…
できるかぎりオリジナルを織りまぜながら刺していきまーす。

では、皆様、今年1年のおつきあい、本当にありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい \( ̄(エ) ̄)

初めてのお出かけ先星空撮影@八ヶ岳

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳(→記事)に深夜たどり着いた時、
とても星が綺麗に見えました。さすが天文台がある八ヶ岳。
ねむいけど…ガンガンに寒いけど…
ちょっと撮影にチャレンジしてみました。
(↓写真はクリックすると大きくなります)

いつものISO100  10秒で、まず1枚…
わ、木が思ったより真ん中!しかもすごく明るく写ってびっくり。
やっぱりスキー場は明るいんですね〜

ISO100 23mm f3.5 10秒 RAW保存

夜、構図を決めるのは、手探りですね。

ISO100 23mm f3.5 10秒 RAW保存 トリミング

北斗七星を発見したので、撮ってみました。

ISO100 23mm f3.5 10秒 RAW保存

ISO100 23mm f3.5 30秒 RAW保存
30秒露出すると、ずいぶん空が明るく(青く)写るんですね〜。

カシオペアも発見。ということは、北極星もみえてる…はず。
………よくわからないので、 星を合成で動かしてみました。

ISO100 23mm f3.5 30秒 9枚合成

北極星発見!
北斗七星やカシオペアから北極星をみつける方法は、知識ではしっていましたが…
実際に見て、あれかな?とおもっていた星より、上でした (^_^;
これは、ポラリエで極軸をあわせられる自信がなくなってきました。
(今回はポラリエは使いませんでしたが〜)

ISO100 23mm f3.5 30秒 RAW保存
今回はタイマーを使っていません。
シャッターを押してる間は連写するカメラの機能だけ。 数秒〜数十秒露出の連写。
だから、シャッターを押しっぱなしにできるレリーズのみ。
寒い夜、電池の心配をする機械が1つへること、
そして、操作する機械が減るのは、うれしい。

八ヶ岳方面の星を、撮ってみました。
6,10,20秒露光の写真を10枚(20秒のだけ9枚)明合成しています 。
明るい光はサンメドウズスキー場です。

ISO100 23mm f3.5 6秒 10枚明合成

ISO100 23mm f3.5 10秒 10枚明合成

ISO100 23mm f3.5 20秒 9枚明合成

合成で星が増えるのは良いのですが、雲も増えてしまいました(^_^;
合成も万能ではありませんね〜
露光時間や合成枚数など、いいバランスを見つけられるようになりたいです。

今回は、ZiLのすぐ後ろ(スキー場照明の影)で写真をとっていました。
連写中や写真を確認するために、温かなZiLに駆け込めるのは助かります。
今とった写真をZiLの中で現像・合成して確認した上で、
また撮影にもどれたりしますし。
さすがにカメラを外に放置するのはカクゴがいりますけれど…
ベンチレーターから、カメラを上に出せるといいのに(笑)

もともと今回のカメラ熱は、
流星を見に行ったブログ記事を書くときに、星空の写真がほしい
と思ったことから始まりました。
とりあえず、その願いは叶うようになったかな〜 (*^。^*)

2013-14シーズン初滑り

クリスマスの前になりますが、初滑りに出かけました。

出発は土曜日夜。晩ご飯を家で食べた後、 9時過ぎに出発。
八ヶ岳付近は、凍結バリバリ。そーーーーっと運転。
小海リエックスを目指していたのですが、
シーズン初めの凍結路に神経が疲れ果て
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳で手をうつ、とオット。
1時前に到着しました〜。


スキーセンターは閉じていますが、脇からトイレが利用できます。
便利な場所には、先客が10台ほど。キャンピングカーは半分くらいでした。


うちは、センター入口正面に陣取りました。
除雪?の雪山の隣にしたのですが…
朝になるとちびっ子が雪山をキャーキャーのぼるので、失敗 (^◇^;)
センターが開く7時〜リフトが始まる8時ごろには、駐車場も埋まってきましたが…
オット、9時まで爆睡!_ノ乙(、ン、)_
このスキー場は、2Fカフェテリアで朝食を食べることができました。

奥・洋定食 手前・おにぎりセット
注文すると握ってくれるおにぎり、大好き〜

1Fには、お菓子・ケーキを売っているシャトレーゼの他に、
焼きたてパンやさんとジューススタンド、麺コーナーがあります。


食休みしたり、スキーにワックスをぬったりして、
滑り出しは、午後券から(^◇^;)

いつもはナイターばかり滑ってるので、
行列するリフトは久しぶり

さすがお菓子屋シャトレーゼ。
子どもゲレンデには、ケーキ!
右に見えるアルペンコースは、まだ開いてませんでした。

オットがスキー滑ってる間にワンコ散歩。
スキー場はワンコ禁止なので、駐車場〜一般道を歩きました。

あれ、食べられないの?

小一時間すべって、お昼ご飯は焼きたてパンを少なめに。


というのも…15時からセンター3Fで、ケーキバイキングがあったからです!

(お昼はカレーバイキングをやっていました)

もう一滑りして、満を持していって見ると… お客は2組。(^_^;寂しい…

ケーキトッピング材料
HappyBirthDayの文字が書けるチョコプレートもありました。

ケーキは売り物を半分にしてる感じ

チョコファウンデンはホワイトチョコ
マシュマロとクラッカーをかけて食べます。

パティシエ気分でケーキを飾ろう…っていうお店ですが〜
生クリームはキレイにしぼれないし…
工場でクリーム絞り済みのケーキは、クリームがかたまってて、
生フルーツどころか、マジパンもささらないし…

口の中でまざればいいわ、と 別盛り(^◇^;)

ケーキを自分で飾るのを楽しめるお子様には、楽しい企画なんですけど…
甘〜いケーキをそんなに量食べられないおばちゃんには、
ちょっと割高に感じちゃいましたー
シャトレーゼのケーキって、元々お安いですからね〜
ちなみに、後から知ったのですが、
1Fではシャトレーゼで買ったケーキを麺コーナーに持ち込んで食べられるそうです。
ウチとしては、こちらの方をオススメします(^◇^;)


この後、ZiLの中でオットは一仕事。
携帯つながるし、パソコンもあるし、ZiL=仕事部屋を持ち歩いてるようなもの。
仕事からは逃げられません(^◇^;)

最後にナイターを滑って…
(このときは、ケーキで胃もたれして食べられませんでしたが、
 麺コーナーで晩飯食べられました。
 ナイター時には食べる所がどこにもない…というスキー場もあるので助かります〜) 



さすがにガラガラ
 翌日休日出勤になってしまったので、夜7時に帰路につきました〜。

2013年12月30日月曜日

昼のタイムラプス

雲が出た日は、星空撮影ができません。
かわりに、日中にはいい被写体になってくれそうです。

 ISO100 18mm f3.5 1/3200秒 RAW保存 2秒間隔 200枚(6分40秒)
Lightroomにて、1920×1280に現像 
Photohopにて、872 × 480の7秒ムービー変換

▼天候が悪くなる予報の日の午前中

ISO100 18mm f3.5 1/1600秒 RAW保存 2秒間隔 631枚(21分間)
 Lightroomにて、1920×1280に現像 
Photohopにて、872 × 480の21秒ムービー変換

上空と低空で、雲の動きが逆です(゜◇゜)

昼は、ちゃんと試し撮りすれば、
それほどRAW現像の必要はないのかもしれません。
大きなRAWファイルを大量に扱うのに四苦八苦するよりも、
最初からjpegでサイズを小さく保存して、
撮影枚数=時間がとれるほうがタイムラプスとしては面白そうです。

▼午後、雨が降り出す前後

ISO100 18mm f3.5 1/2500秒 jpeg1920×1280保存
2秒間隔 1137枚 (38分間)
 Photohopにてムービー変換(872 × 480 38秒)

撮影はカメラの電池切れで終了(ACアダプターは使ってませんでした(^◇^;))
天候が悪くなり、後半の画像はまっくらになってしまいました。
決して夕方ではありません。最後の写真でも昼1時半。

最後の暗い画像にあわせて修正してみたら、最初のほうが明るすぎました。


長時間撮影するときの露光時間は、難しいですね( ̄。 ̄;)

天候や、日の出・日の入りなど、劇的に状況が変わるときほど、
タイムラプスは面白いのに…難しそうです。


【おまけ】 

軒下に三脚をたてたので大丈夫だろうと思っていたら、
撮影中、風がふいてカメラが雨に濡れ始めました。
あわてて、レジ袋を洗濯ばさみでとめました。

レインカバーもいるのかしら…

2013年12月29日日曜日

初ポラリエで月を追いかけてみた

三脚をゲットしたので、ポラリエを試してみることにしました。


ポラリエはカメラと三脚(雲台)の間にいれて使う、
星(太陽・月)にあわせて動く雲台です。
ポラリエは北極星の位置に軸を合わせて使います。

が…

この日、薄雲がでてしまって、北極星はみえそうにありません。
こういう時のために、ポーラメータがあるのだそうです。


ポーラメータ(左下)

三脚とセットになっていたため、2つ持ってます。
今回購入したものはアイソン彗星用パンフレットがついてました。
すでに彗星ありませーん(ノД`)

コンパスで真北にあわせて、緯度にあわせて角度をつけます。
でも、こんなおおざっぱな目盛です。ポラリエ本体のメモリよりはかなりましですが…
こんなに適当で大丈夫なんでしょうか?

傾斜計の目盛 (左)ポーラメーター(右)ポラリエ本体

この晩は星があまり見られそうに無いので、月を追尾してみました。

ISO100 55mm f5.6 1/6秒(トリミング現像)
追尾なしで撮影した88枚をタイムラプス化

ISO100 55mm f5.6 1/40  
追尾ありで撮影した85枚をタイムラプス化

月がほぼ動かず、屋根が動いてます〜


上の写真を、月をアップにしてみました。
月食を撮る時に使う感じ?
微妙に…動いてます( ̄。 ̄;)

この日は星が出なかったので、撮れなかったんですが…
これで星がとまって写せるか、心配です。

やっぱりポーラメータを使った簡易設置では、限界があるのでしょうか。
あとから知ったのですが
真北と磁石の北にはズレ(磁気偏角)というのがあるそうです。
例えば、東京だと7度、宗谷岬だと10度もずれているのだそうです。
とはいえ、このコンパスで…この微妙な角度を合わせるのもむずかしそうです。

やっぱり北極星を見つけるのが一番なのでしょうか。
ポラリエのこの穴から北極星を覗いて軸をあわせるのだそうですが…


目が悪いので北極星を見つけられる自信がありません。


【今回の課題】
ポラリエで星を追いかけてみる

2013年12月28日土曜日

カウンティングリネン

お友達から、カウンティングリネンという布を
少しだけ(といっても、20×60cmほど)分けて頂きました。

下がリネンです。こちらの布(→ショップ)だそうです。
左は送られてきた可愛い(リネンがプリントされた)紙袋
右は、一緒にいただいた可愛い器&マスキングテープ!

(↑クリックすると大きくなります)
文字はよく見るとローマ字。Kumachan…くまちゃん!( ̄(エ) ̄)うほ

布は10目/cm=25ct。リネンらしい色の布です。
ワタシがHAEDで愛用してるDMC 28ctリネン(B5200)と比べると
同じぐらいの固さ(かなりノリが聞いててパリパリ感あり)とスケ感です。

白い紙、ピンクのプラ板の上に、リネンを並べてみました。
(↑クリックすると大きくなります)

25ctの布といば、エタミンやルガナですが、
ワタシには、布の柔らかさが少し苦手でした。
この固さとスケ感は、好みですね〜
あとは白ポチ(濃い色の糸で刺すと布目が糸の間から見える)ならぬ
茶ポチが心配でしょうか(^◇^;)

ちなみに、この色でもフリクションボールペン(0.5)の視認性は
意外に高かったです。固いので線も引きやすいほうでした。

左から…黒、緑、青、赤、オレンジ、ピンク
(↑クリックすると大きくなります)

以上、カウンティングリネンのファーストインプレッションでした〜

さて、何を試し刺ししようかな〜(・_・ ) ( ・_・)

2013年12月27日金曜日

買い物納め…?

今日は、今年最後の通院日(皮膚科)でした。

背中がかゆくなるこの季節、
薬を塗ってもらいたいときにオットがいないと嘆いたら、
先生に勧められたのが、これ。
 組み立てると… ↓ すこし内側にカーブしてます
 

 濃い青部分がフカフカしたマットになってて、ここで塗り薬を伸ばします。
衛生上2〜3ヶ月毎にとりかえろって書いてあります。
オットいらずになって370円ならお安いですが〜
さて、どうなるでしょう

ワンコもキャンピングカーもシャンプー(洗車)も終わったし、
年賀状も印刷が終わり!

開放感〜 \( ̄(エ) ̄)/

こういう時に買い物しちゃうと、だめなんですよね〜

年賀状をいれるケースと封筒を買いに入った100円ショップで、
これだけ余計な買い物をし…

5リットルの氷がつくれる、大チャック袋
いつどう使うかわからない、チャック袋セット
手を汚さずスナックが食べられる、チップストング
外食時、車で留守番してるワンコに
食べ物のカケラを持ち帰れる用のプチカップ

トングを使う前にすすいでたら、いきなり折れた!
まさに、安物買いの銭失い。゜(゜´Д`゜)゜。

この隣町にはユザワヤと大きな本屋があるので、うっかり買い。

雪景色柄の20cm角の布セットがワゴンセールで190円で、つい。
(縫い物嫌いなのに、いつ使うんでしょ?)
ちょっと興味がわいてたハーダンガーのキット
カメラのキャップの紛失防止についてる紐を可愛くしたかったので、
一番形が近そうなグラス(メガネ)コードキット
シェイプドステッチのキット(クマとネコ)

クロスステッチで楽しむ 和の模様」遠藤佐絵子著
「はじめてのすかし模様」戸塚貞子著

お友達が購入した布(→記事ではじめてアジュール刺繍というものを知りましたが、
どうやら春に見にいった展覧会(→記事でみたクロスステッチ作品の
地模様仕上げの多くがドロンワークというより、アジュールだった気がして…
数少ないアジュール刺繍が載ってる本を発見。
他の透かし刺繍(カットワーク、ドロンワーク、ハーダンガー)との違いも書かれてて、
(表紙は、刺されたハートのモチーフを4つの刺繍で刺してるんですよ〜)
とても分かりやすい本でした。

本屋にはリラックマコーナーもありまして…
ぬいぐるみと着せ替え服…今回は温泉浴衣 まで買っちゃいましたー( ̄(エ) ̄;;)

右は浴衣のパッケージで着てた紙。す、捨てにくい…

お正月準備の買い物時に、また誘惑を受けそうですが…
いえいえ、これでワタシの買い物はおさめよう!

2013年12月25日水曜日

カメラ散財は続く…

早速、買い物にいっちゃいました。

長時間撮影するので、AC電源でカメラが使えるようにするアダプター
(家だけでなく、キャンピングカーでも使えますし)
いま使っているSDカードより速いSDカード

三脚は、結局ポラリエ用のセットを購入しました。
セットに付いてきたポーラメーターは、もう持ってるんですが〜
これより安くて、同機能のものが見当たりませんでした。

カバーもついてました。とりあえず、作らなくてすんでホッとしてます。

ベルボン Velbon Sherpa 803RD
クイックシュー付自由雲台 QHD-53D

この三脚、前のより重いです(ノД`)
三脚は重い方が長時間撮影する時に、ゆれなくて有利なのだそうですが…
本格的な三脚からすれば、不安なほど軽いのでしょうけれど…
「どうせZiLで運ぶんだから」というオットの鶴の一声で購入しましたが…
ワタシはこれを持ち運べる自信がありませーん。


ハンドストラップ(首から提げるのが苦手なので)
紐付きのレンズキャップ
キャップを無くさないように、キャップに貼り付ける紐も売ってましたが…
これって手芸してる人間からすると、

    もっとかわいく作れるのに(-"-)
 
ってシロモノでした(^◇^;)。
今回は紐をつける穴付のキャップを買うつもりで買いました。
いつかかわいい紐をつくってみようかな〜

2013年12月24日火曜日

初めてのタイムラプスと明合成

 (↓空の写真はクリックすると大きくなります)

さて、タイマーを使って写真をとってみます。

…が! いきなり問題発生。
オットが使っていた三脚が、ツマには使えませんでした。
なぜか、カメラを雲台(くもだい、とツマは読んでました)に固定できないし、
ハンドルをくるくる回して首がのびる部分(エレベーターというらしい)も、
希望の高さでとめることができません (; ゜◇゜)

オットが昔、友人からいただいた三脚。
ZiLの中でポラリエのお勉強をしてるところです。

三脚使用をあきらめて…手持ちのクリップを
物干し台に挟んでカメラを固定しました。

昔、カメラ(フラッシュ?)用に購入したクリップ。小さな雲台が付いてます。
カメラ熱がさめたあとは、たまに車でiPhoneを固定して使いたくなった時に活躍していました。

さぁ、初タイマー撮影! 初タイムラプスです。
雲がなくて被写体に困り、夕暮れの月の出を狙ってみました。
三脚代わりの物干し台(しかも干してる!)が映り込んじゃってますが〜(^◇^;)

ISO200 18mm f3.5 1/800秒 30秒間隔で119枚 jpegで保存 

Photoshop CCで写真を読み込んで、ムービーに30fpsで変換しました。

月が動く〜 面白い〜!

このまま夜の撮影に突入しました。
夜はISO感度の数字を大きくしないといけないと思っていたのですが、
うちのベランダから見える夜空は、とても明るいので…
いろいろ夜景を試し撮りして、いい感じに撮れたの値は
ISO100 でシャッタースピード15秒でした。
タイマーの説明には、シャッターを切る間隔は露光時間より
2秒以上長くするようにあったので、
15秒間隔で、12秒のシャッタースピードで、とってみました。

ISO100 18mm f3.5 12秒 15秒間隔で30枚

今度はRAWで保存して、Lightroomで現像
動画は一瞬です(笑) でも☆が動きました!

同じ写真30枚を、Photoshopで明合成すると…


星がきれいな軌跡を描きました〜! こんなに星が写っていたんですね(*゜∀゜)
しかも、飛行機?が2機も通り過ぎてます。まっすぐ進んでないし(笑)

これはうちでも、ツマでも、星空がキレイにとれるかも!
限界にチャレンジです。

手元にあるのは16GBのSDカード。
RAWで保存すると、640枚ほどとれるようです。
15秒間隔で640枚写真をとると、撮影時間は2時間40分。
これを30fpsで動画にすると…21.3秒になります。

タイマーでは何回シャッターを切るかセットできますが、
これを無制限にして、SDカードに書き込めるだけ書き込むことにします。
深夜12時前から撮影開始。ワタシは…ベッドにゴー(^◇^;)
朝起きると(本当は夜に一度起きるつもりだったのですが)出来上がっていました〜

実際に使えたのは609枚
(タイマーの音の消し忘れで、一度やり直したので、最初の10枚ほどは捨てました。
 最後の1枚も使えませんでした)
これで作ってみました、タイムラプス。

ISO100 18mm f3.5 12秒 15秒間隔で609枚
星空が大部分だと、星が動いてもちょっとつまらないですね〜

では、写真をいじってみます。まずは 深夜0時頃の1枚。

下にオリオン座の3つの星が見えます。
自宅のベランダからも、意外にも沢山星が見えています。

609枚全部明合成してみました。うるさいですね(^◇^;)

あ!左下に流星発見です! 2つあります

流星の間の時間のみ合成して、トリミングしてみました。

飛行機も2機通り過ぎていましたので、流星と飛行機の間の時間を合成してみました。
(明合成すると、星の軌跡が点々になるが気になるので、
すこしボカシたあと、流星・飛行機を重ねています)

自宅の上空は、けっこう賑やかなんですね〜

今回、月1000円(1年契約)で使えるキャンペーンで使い始めたばかりの
Photoshop CCとLightroom 5を使っています。
インターネットでやり方を調べながらの付け焼き刃でも、
なんとかその場で現像→合成&動画化 ができました。
IllustratorやPhotoshop(最近はElementsでしたが)を使ってきたおかげで
Adobeっぽい感じがしっくりくるみたいです。
購入して1週間で1000円分のもとは、充分とった感じです。
キャンペーン(ノ ̄(エ) ̄)ノばんざーい

さすがに600枚超の作業は時間がかかります。
Photoshopの明合成作業は、いっぺんに600枚の作業は無理でした。
100枚ずつ読み込んで合成した写真を、さらに合成しました。

素人がちょっと遊んでるだけでも、
やってることはすごくマシンに負担をかけてます。
MacBookAirにはちょっと荷が重いかも。
ファイルサイズも大きいですしね〜

【今回の課題】

明合成で星の軌跡が点線になるのが気になる。
星がとまってる写真がとってみたい。

ツマ用の三脚を買う!
【おまけ写真】
 物干し台がゆれて、合成失敗〜!