2013年8月21日水曜日

久々にカメラ熱めらめら

流星群鑑賞の記事を書いていて、星空の写真が一枚もないのが寂しくなり、
(いえ、撮ってみたんですよ、iPhone5で。当然のことながら、まっくら)

星空の写真がとれるカメラがほしいな〜
と、火が付きました (炎(エ)炎)めらめら

調べてみると…無理だろうと思っていたコンパクトデジタルカメラでも、
満足のいく星空が撮れていたものがあったんです。

F1.8 ! 高感度に強いカメラ。アングルが変えられる液晶。
wifiでiPhoneに写真データ(縮小データ)が送れます。

私が初めて買ったデジカメはCyber-shotでしたっけ σ( ̄(エ) ̄*)
その後、Windows機はソニー党だった私…
わー、買っちゃおうかな〜 o(^o^)o

と思ったところで、ふと気がつきます。
うちには10年ほど前、ワンコを飼いはじめた時にカメラにはまった
キャノン資産があるのです。

EOS Kiss Digital 初代(ゴム部がべたべた)
CF 512MB×2 128MB×1枚 (アダプタがみあたらない)
充電器 CB-5L、バッテリーBP-511×2個 511A×1個
アングルファインダー C、リモートスイッチ RS60-E3

ストロボ SPEEDLITE 420EX
オフカメラ シューコード 2、デヒューザー、ブランケット

EFS18-55mm 1:3.5-5.6 II USM (初代EOS Kiss DIGITALセット)
EF 75-300mm 1:4-5.6 IS、EF 400mm 1:5.6 L
SIGMA FISH EYE 180° 15mm 1:2.8 EX
MC PROTECTER 58mm、CIRCULAR PL 58mm

三脚+雲台、 一脚、(ミニ三脚もあったはず)
カメラバッグ ハード1つ+ソフト3つ

カメラに興味はあっても、写真に興味が無く飽きたオット。
一眼レフで撮った写真の美しさにはまったものの、
重さに耐えかねて使わなくなったツマ。
今ではこの資産は、タンスの肥やしです。

最新式のEOS Kiss は…

この10年のスペック変化を並べてみました
(間違っていたらごめんなさい)
初代(2003年9月20日発売)→X7i(2013年4月12日発売)
画素数:総画素650万画素→約1,800万画
画像エンジン:DIGIC→DIGIC 5
記録媒体:CF→SD/SDHC/SDXC
露出補正:1/3ステップ±2段→1/3 1/2ステップ±5段
フォーカス測位点:7点→9点
ISO感度:100~1600相当→100 - 12800
測光分割数:35→63
測光モード:→スポット測光 追加
液晶モニタ:1,8型→ワイド3.0型
最大連写枚数:2.5枚/秒→5枚/秒
連続撮影可能枚数:4枚→JPEG22枚、RAW6枚、RAW+JPEG3枚 (設定によりことなる)
重量:560g→525g
↓初代には無かった機能
セルフクリーニングセンサーユニット
ライブビュー
動画撮影
バリアングル液晶ディスプレイ搭載
よく分かってないのかもしれませんが、すごく進んでますね〜!(゜ロ゜屮)屮

ふだん使いできるかもしれない、RX100m2?
資産も生かせ、遊びの奥行きがあるEOS Kiss X7i?
iPhoneで普段満足してるのに持ち歩くか、RX100m2?
重さに再びタンスの肥やしになるかもしれない EOS Kiss X7i?

その差、およそ1万2千円の価格差(ソニー6万円台<キャノン7万円台)

どうしようかな〜

0 件のコメント:

コメントを投稿