2013年8月23日金曜日

消えるシャー芯+フリクション・テスト-最終

印付けのテストを4月に行ったのですが…
消えるシャー芯+フリクション・テスト-1
 消しゴムで消せるシャーペンとフリクションペンを、HAEDに使いそうな布に使ってみました。
消えるシャー芯+フリクション・テスト-2
 1で線を引いた布を、洗って+アイロンをかけて、さらに冷凍庫に入れてみました!
消えるシャー芯+フリクション・テスト-3
 線を書いた布の1ヶ月放置テスト報告。その後洗濯もしました。
チャコパーも、1ヶ月放置テスト
 チャコパーアーティスト4色の1ヶ月放置の報告。
鉛筆も印付けテスト参戦
 放置テスト中の布に、普通の鉛筆で印付けを加えました
印付けに「鉛筆」…洗濯テスト
 放置テストとは別に、普通の鉛筆の印付けした上で、刺繍+洗濯テストしてみました。

その後、すうううぅぅーっかり忘れていました (^^ゞ
印をつけた布を、4ヶ月窓辺に放置した結果です。
(写真はクリックすると大きくなります)

 上が4月、下が現在の状態です。
使った布(左から)
Zweigart ルガナ(綿+レーヨン)25ct
DMC エタミン(綿)25ct
DMC リネン(麻)28ct
絹キャンバス28ct
絹キャンバス40ct

使ったペン(上から)
消せるカラー芯(6色)
フリクションボール0.5(ブルー、ピンク、オレンジ、グリーン)
フリクションボール0.7(オレンジ)
フリクションいろえんぴつ0.7(あお、さくらいろ、ねずみいろ)
フリクションカラーズ(ピンク) 鉛筆

チャコパーアーティスト(4色)

シャー芯、かなり薄くなりました。
なるほどこれなら、全面刺しなら洗濯前でも目立たなそうです。
チャコパーアーティストも負けずに色が抜けてます。
強くにじんだ部分にすこし残りますが〜

この布を洗濯してみました。
数時間洗剤液につけ置いた上で、手でガシガシと5回ぐらいもみました。
刺繍面にやるには、ちょっと強い洗濯かな…。


鉛筆部分には、歯ブラシで叩き洗いしてみました。
これが、面白いほどよくおちる!
リネンのフリクションカラーズも叩いてみたら、結構おちる。
歯ブラシ最強〜( ̄(エ) ̄) P
ただ、刺繍した布には使えるのかは、ギモン?

なんだかリネンがキレイに落ちました。
ルガナ・エタミンの落ちが悪いので、この2つはもう一度洗いました。
洗いムラの差と思いますが、
リネンはエタミン・ルガナより薄い=布糸が細いので、
洗濯で落ちやすいのかな、とも思いました。


というわけで、かなり落ちました!

さすがにフリクションペンは残ってしまっていますが、
これはアイロンで消せます。(^O^)v

カラーシャー芯は、退色で目立たなくなった助けもあって?ほぼ消えました。チャコパーは…今まで常用してきたのですが、
洗濯で落ちなくて泣いたことはありません。
(線が消えてて泣いたことはあります( ̄。 ̄;))
ただ今回の実験だと、シミのような黄色が残りやすいので、
洗うときに気をつける必要がありそうです(3度目の洗濯で消えました)

× × ×

皆さんが使ってる印付けペンは、なるほどどれも使えると思いました。
退色していく カラーシャー芯・チャコパーは、
かけもちが多い私には使いにくいかな〜。
反面、洗濯でほぼ落とせるので、布が見えるタイプのステッチ向き。

長いこと放置しても線が残ってて、
完成後はアイロンで線が消せるフリクションを、
(冷凍庫の温度以下になると、復活するリスクはありますが)
HAEDのような全面刺しには使っていこうと思います。

以上で、印付けテスト終了です〜

0 件のコメント:

コメントを投稿