2013年8月7日水曜日

ZiL、GSで洗車される

お出かけ前に、いつものGS(ガソリンスタンド)で給油。
空気圧を見てもらった、やたら元気なバイトくん。
先日から、モコを洗車させろと食いついてきてる。今日は、
「このキャンピングカー洗わせて下さいよ」
とやってきた。そんな軽口たたいて〜。
他の先輩にきいてごらん、嫌がるよ。
値段設定もないでしょー。

バイトくん、整備場の奥に走って行って、店長に話をつけてきた。

「屋根はむりですけど、俺背が高いから側面は洗えますよ。
 凸凹少ないから、楽勝っす。
 キャンピングカーだと5千円なんすけど、
 メンテプランに加入してくれたなら、
 2年間、モコ洗車しほうだい+1ヶ月に1回ならキャンピングカー洗うっす。
 今だけ1割引きまっす。
 毎週こられたら勘弁っていいますけど、月に1度なら歓迎っす」

2年もキミはいないだろー

「バイトだから、いるっす。社員なら転勤もあるんすが。
 おれ2浪してるから、バイトしないとやばいんすよ。
 週6日勤務してますから、いつでもきてください。
 リラックマが泣いてるじゃないですか。
 おれ、ぴかぴかにして、目をあかせてみせますよ」

(いや、これはリラックマではなく、自画像…)

よっしゃ、キャンピングカーを洗いたいと言ったのは
キミが初めてだ。買った。

こんな但し書きが…

お高いけど、気持ちよく買い物をさせてくれたバイト君。
勉強をがんばりたまえとは思うけど…
接客業、天職だと思う。

待ってろ−、来週 早速くるからなー。

○● お出かけ後 ○●

なんとか雨が降っていない日の午前中。
GSにZiLを連れていくと、バイトくんがさっそく登場。
「きれいにしますー?」
この人なつっこさは、ホント才能だわ。

給油口の蓋がどうしてもとれなくて助けを乞うと、
どうやら、バイトくんも始めて触るみたいな素振り。
うーん、セルフのGSだから、車に詳しい・慣れてるとは限らないのね。
バイトくんにカギ渡したけど、運転大丈夫かなぁ、と見ていると…
移動には整備士?っぽいツナギ服くん登場。
ちゃんと、人の使い分けは決まっているのね。

ZiL、たぶん初めての泡まみれ

「大変でしょう?」
「楽勝っすー」

ひと洗い終わったところで、呼ばれる。落ちきらないバーコード。
先輩くんにフォローされながら、
水垢おとしやコーティングをすすめてくるバイトくん。

写真 左の部分が水垢おとしのお試し。
バーコードが消えました。

「こんな車を洗いたいなんて言ってくる奇特な子がいたんで
 ちゃんと先輩にきいてみろ、
 やめとけって言われるよって、言ったのよ〜」
「おれも、変なやつだなって言いましたよ」(先輩)
「安請け合いの責任は取ってもらわなくっちゃね〜」

先輩くん、この車にエアサスがついてることに、びっくり。
さらにレカロシートにしてますものね (^◇^;)腰痛用だけど
キャンピングカーに興味があるらしく、値段や走行性などの質問攻めにあう。

「車、くわしいですね」(先輩)
「そんなことないよ。キャンピングカー乗りたがったの自分だから、
 仕方なく覚えた感じ」
「だんなさんをお迎えにいったり、スキーについてったり、
 優しいな〜
「そうでしょー! ほめてほめてー!」ヽ( ̄(エ) ̄ヽ)わーい

「バイトくんの点数になるなら、水垢おとし+コーティングやっていいよ。
 でも2年分の会費と、コーティング代で
 助手席をレカロシートにしようとしてた分が吹っ飛んだんだから、
 キレイにしてねー

水垢おとし+コーティングには時間がかかるので、
私は、家まで送っていただくことに。
送迎はバイト君はできないようなので、先輩さん(女性)にお願いする。
ZiLとバイト君の軽口が、GS中をひっかきまわしてる気がする…( ̄。 ̄;)

途中で下回りのさび止めスプレーをすすめる電話が入る。
これは、カーセールス・ワタナベさんに塗ってもらってるので
さすがに、お断り。
「ちょっと見てきますね… 錆びてますよっ
とバイト君はいったけど〜
冬、雪道走ると錆びやすいことを知らなかったキミに
まかせられるかっ (`(エ)´)ノ_彡☆

3時半に連絡がきて、また、先輩さんにお迎えにきていただく。
もうしわけないです…
今度はちゃんと段取りを組めるように、バイトくん鍛えなくっちゃ。

GSに着くと、結局洗車を手伝った先輩くん曰く…
「えぐかったっす−」
綺麗になったZiLを自慢するバイト君は…
「後ろ見て下さい、やばいっすよ−」
おばちゃん…キミたちの若者言葉についていけないわ。

ZiLは久々にバーコードなしのツルツルピカピカになってました。
きもちいいわ〜 これを維持できるよう通わせていただくわっ


後ろ側(洗車前)
 ↓

ブレーキパッドを性能重視でかえたら、
真っ黒になっちゃってた前タイヤもキレイに。
(洗車前。左が前輪)
 ↓
 落ちきってはいませんが〜

おでこは、前面まで。
手が届かなかった部分は、黒いな〜

以前このGSに、大きいトレイラー(型キャンピングカー)
「いくらかかってもいいから洗車してよ」と来たそうです。
キャンピングカーは本当に洗車する場所に困るので、
GSで対応してくれるのは、本当に助かります。
うちの場合、延々と同じGSに10年以上通いつづけて、
車も、私σ(・_・)の顔も覚えられて、
何度か洗車が可能か問い合わせ、断られて、ようやくここまできました。
どこのGSでやってくれるわけでもないとは思いますが…
セルフが増えた分、GSは洗車に力をいれてる気がします。

2年間分の洗車代を先払いした上に(そんなに洗車に熱心じゃないのに…)
水垢取り代をとられ、3ヶ月ごとにコーティングする気になってる私。
ZiLにも私にも気持ちい買い物だったけど…
うーん、お金かけすぎ。 すっかりやられちゃってる私 σ(・_・;;)


【その後】

洗車した夜…雨が降りました。早速、バーコード出現!




洗車に興味が無いオット、
注射を打ちながらの腰痛生活のツマとはいえ、
屋根ぐらいは自分で洗わなくては、ですね〜 (_ _ )/ハンセイ


【おまけ】

洗車前にとっておいたマグネットステッカーを
店に忘れてしまい、電話をいただく。
給油も兼ねてモコで訪れると、いろんな店員さんに
「リラックマのステッカー、お忘れでしたよね」
と、声をかけられた。
すっかりリラックマ=私と覚えられてしまいました (#^ . ^#)

【おまけ2】

自作のステッカー、細かい部分や端が剥がれかけてるので
洗車で剥がれるのをカクゴしていたんですが、無事でした。
コイン洗車場の高圧洗浄機とちがって、
GSの洗車機は水の圧力が調節できるんですね。

でも、ぼちぼちこのステッカー貼り替えようかな〜

1 件のコメント:

  1. なんというか、みなさまそれぞれお疲れ様でした…(笑)。

    返信削除