2013年10月13日日曜日

強敵・黒主線

水の精でいろいろチャレンジした結果をもって、
黒い主線があるチャートを試し刺ししてます。
(試し刺しに使っているチャート→Birthday Girl Pop Art


28ct DMCリネン 1本どり。
Kumami刺し=×をひとつづつ端から(今回は左から右へ)埋めていきます。
左から右への一方通行で刺します。
×は左下から針を出して刺し始めています。
ただし、背景の薄ピンク部分は×を右上から刺し始めました。
そのほうが仕上がりがキレイなんですよねー(↑写真、赤い部分だけは左下はじまり)

糸端の処理は、同じ列の右側に糸をだし、
裏糸を次の目以降でくるんでいきます。(↑写真青矢印)
チャートの端等で裏糸処理のスペースが無い場合は、
斜め左下に糸をだし、数段かけて糸がくるまれるようにします(↑写真、水色・緑)

パーキングは、同じ記号が同じ列にあるときは、同列右へ。
ないときは、下へに行いました。

一応、黒糸の裏糸が、ピンクの部分にかからないように意識していたのですが…

黒ケバが表に〜(ノД`)


裏を見ると…
濃いピンクの糸端がピンクで目立った。
パーキング中の黒糸がゆるんで背景に巻き込まれた。
斜めにパーキングされた黒糸の途中が目立った。

うーん、黒主線のチャートは、なかなか強敵です。
黒主線がない図柄なら、ここまで厳しくはないですよね。
黒糸を後から刺す方法もあるのですが…
表にケバが出て目立つのは、黒糸だけとは限りません。
薄い→濃い色と刺していくのが一番かもしれませんが、
穴埋めは苦手なんですよね−。

さて、どう刺したらいいかな〜

0 件のコメント:

コメントを投稿