2013年10月14日月曜日

原点回帰

パーキングしてる糸の滝を整理しながらの10列。
試しに原点に返って、往復するKumami刺しをしてみました。

往復するKumami刺しのメリットは、
例えばこのチャートの場合、黒糸は黒糸の中だけで糸が往復させられる。
(一方通行の場合、ついつい糸を渡しがちになるんですよね…)
しかもその裏糸の渡りが短くなり、糸の節約はもちろん、
裏糸の混乱が少なくなり、表も結果的にキレイになる…気がします。
(写真はクリックすると大きくなります)

(緑:一方通行刺し、黄色:往復刺し。点線は裏糸)

もう一つのメリットは、糸端の始末を同じ列で処理するスペースがなくて、
裏糸を次の段以降で処理する場合。
一方通行の場合は、糸端と次の段の裏糸が逆方向でぶつかるため、
巻き込むのが難しくなるため、数段分糸端を渡すことになるのですが、
往復する刺し方だと糸端と次の段の進む方向が同じ方向なので、
1列で巻くことができます。

(緑:一方通行刺し、黄色:往復刺し。点線は糸端。中抜き矢印は糸端処理に必要な段)

結果…
結構、いい感じじゃないでしょうか。




ピンクの風船の後ろの風船は、白い部分がありますが、
裏では黒糸が渡っています。でも、黒ケバは気になりません。
裏糸が少なければ、針で糸を割ったり、無理な力がかからず、
ケバがでにくいのかもしれません。

こうしてみると、前回問題にしたピンク部分の黒ケバも、
遠目になると気にならない程度のものなんです。
黒糸が問題というより、わずかなケバや裏糸の混乱も
表で気になっちゃうような1色のベタが
難かしさのモトなんだな…と思いました。

水の精でいろいろな刺し方をためしましたが、
結局、原点の刺し方がワタシにはベストなのかな〜と思っちゃいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿