2013年12月30日月曜日

昼のタイムラプス

雲が出た日は、星空撮影ができません。
かわりに、日中にはいい被写体になってくれそうです。

 ISO100 18mm f3.5 1/3200秒 RAW保存 2秒間隔 200枚(6分40秒)
Lightroomにて、1920×1280に現像 
Photohopにて、872 × 480の7秒ムービー変換

▼天候が悪くなる予報の日の午前中

ISO100 18mm f3.5 1/1600秒 RAW保存 2秒間隔 631枚(21分間)
 Lightroomにて、1920×1280に現像 
Photohopにて、872 × 480の21秒ムービー変換

上空と低空で、雲の動きが逆です(゜◇゜)

昼は、ちゃんと試し撮りすれば、
それほどRAW現像の必要はないのかもしれません。
大きなRAWファイルを大量に扱うのに四苦八苦するよりも、
最初からjpegでサイズを小さく保存して、
撮影枚数=時間がとれるほうがタイムラプスとしては面白そうです。

▼午後、雨が降り出す前後

ISO100 18mm f3.5 1/2500秒 jpeg1920×1280保存
2秒間隔 1137枚 (38分間)
 Photohopにてムービー変換(872 × 480 38秒)

撮影はカメラの電池切れで終了(ACアダプターは使ってませんでした(^◇^;))
天候が悪くなり、後半の画像はまっくらになってしまいました。
決して夕方ではありません。最後の写真でも昼1時半。

最後の暗い画像にあわせて修正してみたら、最初のほうが明るすぎました。


長時間撮影するときの露光時間は、難しいですね( ̄。 ̄;)

天候や、日の出・日の入りなど、劇的に状況が変わるときほど、
タイムラプスは面白いのに…難しそうです。


【おまけ】 

軒下に三脚をたてたので大丈夫だろうと思っていたら、
撮影中、風がふいてカメラが雨に濡れ始めました。
あわてて、レジ袋を洗濯ばさみでとめました。

レインカバーもいるのかしら…

0 件のコメント:

コメントを投稿