2014年3月31日月曜日

【Maggie改】完成しました

Maggie the Messmaker(改)完成しました〜
ばんざーいヽ( ̄(エ) ̄ヽ)(ノ ̄(エ) ̄)ノばんざーい

Dimensions「Maggie The Messmaker」(↑クリックすると大きくなります)
猫等、いろんな部分をオリジナルに変更しています。 

刺し初めの記事をさがしたら、なんと2009年3月でした。(→記事
足かけ…5ねーん (゜ロ゜屮)屮
このうち、4年は放置期間です( ̄。 ̄;)
オリジナル修正しようと思い立ったのが昨年3月(→記事
そこから1年で仕上がりました(笑)

メインのMaggie改めちぃちゃん部分
毛糸に絡まってます。

レトリバー改め ラグナ部分
うーん、猫に比べて小さすぎました。

お気に入りのネズミレース部分
コーチングステッチの醍醐味が味わえました。

左上のほう
国旗を2カ国に、牛の置物をくまとかえるに変更

右上のほう
サンプラーの文字を今年に変更

いやー、最後のコーチング+コーディングステッチは、大変でした。
集中力がきれると、曲線がどこにいくか、自分でもわかりません。
針+糸を2組で刺しているので、裏で糸同士が絡んじゃうし、
いざほどこうとすると、糸を割って糸が通っていてほどけなかったり(ノД`)

 ミシン部分
黄色を2色使って、立体感も出してます。細かくて泣きそうになりました。
ミシンと猫の体との境目に刺したグレー糸が点線になってて気になります…

コーチング+コーディングステッチの習熟が分かる部分
左の白い糸:上の糸まきからの糸が最初の頃、下のミシン糸が最後の頃
右の太い糸:黄緑が最初の頃、赤が最後の頃
コーディングがしっかりしました。 でもやり直す気力はありません。

コーチングステッチで首痛がでちゃったので、
久々にスクロールフレームスタンドを引っ張り出しました。

手で持ち上げながら刺すと、高さがとれるので、
前屈み度合いが軽くなりました。

歯槽膿漏の痛みで歯医者通いが始まり、痛み止めを飲んでるおかげで、
首痛も感じなくなってるだけ…かもしれません(笑)


ちなみに、上の写真はこの大きなスクロールフレームにセットしたまま撮ってます。

このまま飾りたくなっちゃうんですが…
スクロールフレームは大事な道具なので、飾るわけにはいきません。

さて、額装しようか、他の仕立て方にしようか…
しばらく悩んでみます。


【おまけ】

Dimensionsさんの原画はこちら。
(クリックするとアマゾンに飛びます。記事作成時、まだ在庫はあるようです)

もとのCharles Wysocki氏の絵画は、こちらです。
gallery one(アメリカの画商さん)より

チャート化にするときに、けっこうモチーフをいじっていることがわかりますね。


【おまけ2】

原画を探している途中で、この絵画をモチーフに
ミニチュア(ドールハウス)を作成している記事を発見しました。(→記事

こんなの作れたら、楽しいでしょうね〜

0 件のコメント:

コメントを投稿