2014年4月28日月曜日

リラックマホイール後日談

リラックマホイールを装着(→記事した後、
オットの泊まり仕事があったり、週末おでかけしたりで、
モコに積んだままになっていた冬タイヤを、ようやく下ろしました。

後ろの扉をあけたら…なんとこんなものが!

写真はタイヤを下ろしたあとになってしまいましたが…
後ろ扉はあまりあけないので、これまで気がつきませんでした。

リラックマホイールをつけてくれた整備士さんが、仕掛けてくれたみたいです。

ホイールの入っていた箱を切って、自立するように細工

こんなことしてくれたら…嬉しいじゃないのっ( ̄(エ) ̄)

タイヤ置きに飾りました。

ちなみに…新しいリラックマホイールは、直径が1インチ大きくなっています。
インチ=2.54cm…クロスステッチやっていると、なじみ深い単位ですね

ホイールが大きくなった分、タイヤが薄くなりました。
ハンドリングやグリップが良くなる方向らしいですが、
鈍感なワタシには、わかりません。そんな車じゃないですしね(笑)
見た目だって、タイヤは厚い方が似合ってると思うんですけど〜


【おまけ】

Newステッカーを貼ったモコを上から見ると、こうなります。

屋根の上のファスナー模様、なんとかサマになってるかな〜
本当は全面に貼りたいのですが…
屋根の上に貼るのって足場がなくて大変なんです(^◇^;)

2014年4月27日日曜日

神奈川キャンピングカーフェア2014

2014/04/20 のお話。

神奈川キャンピングカーフェアに出かけてきました。
前日にステッカー貼りで、疲れ果てて使い物にならないオットを捨てて、
ツマひとりのお出かけでーす。\(^O^)/ルンルン
もともと、買えないキャンピングカーには全く興味がないオット。
だからキャンピングカーショーに一緒に出かけてもつまらないんですよね〜
買えなくても「もし買い換えるとしたら妄想」は、楽しくてタダなのにーっ 

神奈川キャンピングカーフェアは、
よみうりランドの駐車場を利用した小さい展示会です。
その分、大きな展示会には参加しない小さなビルダーや
キャンピングカー関連会社も参加しています。

1360万円の大きいキャンピングカーから…

軽キャンパー1台、テーブル1つで参加されてる会社まで。

お世話になっている、カーセールス・ワタナベさんも、参加企業の1つ。
訪ねていくと、お客様どうしのちょっとしたオフ会になります。
(社長さんは、見学者相手に大忙しですが…(^◇^;))

カーセールス・ワタナベさんのエアサス展示
もうエアサスなしのキャンピングカーには、乗れません…

オットの居ぬ間に、思い存分見学〜

座って、パソコン使って、食事して、寝て…
タウンエースベースのサイズのキャンピングカーって、
ちょうどオヒトリサマサイズっぽくて、何か惹かれちゃいます。
一人旅なら、トイレだって開放でOKですし。

運転席の後ろには、リュック?に入ったカトラリーセット。
夢はみさせてもらえますが、うーん、ワタシが使うにはおしゃれすぎるかな? 

軽自動車は、普段使いの車としてはラクチンベストだと思うんですが
キャンピングカーとしてみると、中では身動きとれない感がするんですよね〜
あと、女一人でかぶる鎧としても、ちょっと心許なくって。

でもキャンピングカーのセカンドカーとしての軽自動車なら… 
寝ることよりも、パソコンポチポチしながら時間つぶし重視の
キャンピングカーがあったらなぁって思います。

「床暖房」という言葉が目をひいたバンコン。
奥には、小さなクーラーが!ハイアール製みたいですが、どうなんでしょう?
バンコン乗り換えを躊躇う理由の1つは、エアコン。
もうZiLのエアコンになれてしまうと…手放せない〜
マティアスは「災害時のシェルターの役目もするキャンパー」とのこと。
ZiLと同じ数の蓄電池を積んでいるようです。
ちょっと気になるキャンピングカーです…あ、でもトイレがないな〜

オートキャンパー誌でロングランテストをしている車です。

もう一つ、ワタシがキャンピングカーにこだわるのが「トイレ」です。
使用頻度が低くても、絶対必須d( ̄(エ) ̄)!
タウンエースサイズでは無理でも(だからこそオヒトリサマサイズ)
ハイエースやキャラバンだとトイレ個室化が可能なんですよね〜。
二人旅だと、個室は必須ですから(#^_^#)

いっぱいいっぱい妄想して
でも今、ちょっぴり不満はあっても、やっぱりワタシには
ZiLが一番だな…と満足して帰ったのでした〜

2014年4月26日土曜日

ZiL、2回目の車検とステップ

2014/04/12

キャンピンカーZiLの 2回目の車検が終了しましたー
いつものカーセールズ・ワタナベさんにお願いしました。

左は代車。お世話になりました!

半年前の整備のあと、出張やら、大雪やらに阻まれて、
あまり出かけられませんでした。
だから、あまりやることはありませんでした〜

唯一、問題があったのが、ステップです。
1月。踏んだ感触がおかしくて、見てみると…ボルトが緩んでました!

 本来は緩まないよう対策されたボルトなんだそうです ヽ(。_゜)ノはて?

緩んだ状態で乗ってしまったので、曲がってしまいました。

外してオットがたたき直したのですが…念のためにみてもらいました。

一応、ボルトを締め直してもらいましたが…、
以前も緩んでましたといわれた箇所なので、
定期的に締めながら使わないといけないのかな〜。

2014年4月24日木曜日

リラックマホイール装着

モコが、リラックマホイール になりました!

ホイールカバーじゃありません。アルミのホイールです。
今月発売です。(→メーカー)(→記事


いつもお世話になってるディーラーさんに、取り寄せてもらいました。
こんなのどこから探してきたんだと笑われました。
12ヶ月点検と冬タイヤから夏タイヤへの交換を遅らせて、
発売をまって、本日履き替えました。

実は元のタイヤからはサイズが変わってます。
そのため、ちゃんとつくか分からない状態だったのですが、
(つかなかったら、ガレージの置き飾り…(;゜ロ゜))
 日産モコに、無事に付きましたー

シルバーを選びました。思ったより白っぽい銀でした。

皆に「そうくるかーっ」という言われる、くま3匹のデザイン。
「真ん中に顔の絵がどーん、それがクルクル」…って想像しますよね〜(^◇^;)
でも回転しながら車を支える構造物なので、こんなデザインになったのかな?

空気を入れる所のキャップにも、くま

夏タイヤにはヒビが入ってて、昨シーズンはガソリンスタンド行く度に
「危ないぞ買い換えろ攻撃」にあいました。
それを必死にかわして今春まで伸ばしたおかげで
いいタイミングで買い換えることができました。
(このホイールの発売を知ったのは3月)

冬タイヤはまだ1〜2シーズンはけるそうですが…

ディーラーさんには、冬タイヤも遊びましょうとか、
熊の間から見える部品に色を塗ったらいいんじゃない?とか、
他人事と思って、いろいろ好き勝手いわれました ヾ(≧∇≦)おいおい

2014年4月23日水曜日

ステッカー貼り(iPad mini編)

ステッカー作り癖がついてるところへ、オットからオーダーを頂戴しました。

「会社で配られたiPad。どれも一緒で見分けが付かないから、
くまのステッカー作ってくれない? リンゴの上に貼るから

リ…リンゴの上だとおぉ?! (`(エ)´)ノ_彡☆
Apple好きのワタシに、よく言ったあぁっ

というわけで…作ったのが、これです。


リンゴを生かしてやったぜ〜っ

ちなみに、これはワタシのiPad miniです。試し貼りしました。
(ワタシはカバーを使っているので、これは隠れてしまうんですけどね)

これがオットに渡したステッカーです。
………サラリーマンの持ち物じゃないですね  orz
オットの持ち物をくま化すると、自分にダメージが返ってきます(T^T)

リンゴの位置が正確にわかるように、
ステッカーの裏紙をカッター+手作業できりとりました。

まだしばらく、ステッカー作りが続きそうです。
クロスステッチ針、持ってませ~ん (針入りシャーペンはもったけど)
机の上で、カッターを使ったり、ステッカー貼り作業をしてると、
気分は手芸と変わりないんですけどね~(笑)

2014年4月22日火曜日

ステッカー貼り(軽自動車編)

サイドの大きなステッカーは、保留にして、
他のステッカーを軽自動車(モコ)に貼りましたっ

貼るのはオットの役目。
シワなく貼る(というか、転写用の透明シートを剥がす)作業は根気が必要で、
短気なツマには不向きなのです。

鼻+口を失敗して、やりなおし。福笑い状態。

2枚重ねのステッカーは、面が広いためにシワがよってしまいました。

ほうれい線が入って年寄りくさいコリラックマ(笑)
転写用のシートを剥がすときに、
カッティングシートを持ち上げてしまうことで
シワがよっちゃうんですよね〜 
本当は1日乾燥させるくらいがいいのでしょうが…
足がなくなるのがつらかったんです(笑)

シワに針を刺して、入ってしまった空気(今回は水貼りなので、水)を出します。

この作業は、逆にオットよりツマが向いてるようです。
針を使うだけに、手芸感覚なのかしら〜
何時間でもやってられます ぷち φ(..)コシコシ
水を出すときも、指の腹や爪を使います。
剥がすときも、貼る時も、爪・最強〜♪ 

オットはスクレーパーを使うのですが、コシコシすると、
シートを伸ばしきって取り返しが付かないシワが寄っちゃうんです。


テレビで、どこかの新幹線の車体に桜の花を貼る映像で、
針をシャーペンに入れて使っていたので真似してみました。
針は、まち針の頭を切り取りました。
太さが合ってないというより、針が滑るようで

刺すと芯(針)が引っ込んでしまいますが…
それがかえって、車体に刺さらなくて良いようにも感じました。
頻繁にカチカチ芯(針)を出す操作をしなくちゃいけないんですけどね〜

それでもまち針より断然持ちやすいし、
シャーペンを持ったまま、指で空気(水)抜き作業も出来きるので
効率がすごく良かったです〜



というわけで、できあがり(仮)です。

正面
(は、前より大きくなりました)
ミラーに耳(ただの線ですが)、屋根にファスナー追加

 ガソリンいれるところ

後ろ
真ん中にしっぽ。
「くまがのってます」は大き過ぎたかしら (^◇^;)
ナンバープレートより目立ってます。
悪いことはできない車になりました(しませんよっ)

 のりのりのコリラックマにプレーヤーを踏ませてみました。
近くで見ると、シワが細かく残っています…
針を刺した穴に、数日でついた車体のヨゴレが埋まってたり(^◇^;)
というわけで…遠くで見て下さい。
ちなみに…前回のステッカーのあと(エンボス加工されたくま)は
下半分でちゃってます。

軽自動車にくまがついてると、遅い車だと見られるみたいで、
対向の右折車がタイミング悪くつっこんできたり、
こっちがどんなに速く走っていても、無理矢理追い抜かれることが
多くなるって感じます。注意しなくっちゃ〜

追い抜く時は、高速道路級のスピードになってるはずなんですけどねぇ …
自分の車が速かろうと、でかかろうと、急いでいようと、安全が一番大切なのに。
自分の通勤や快楽に、他人の人生や命をかけるひとが、多すぎます。

【おまけ】

これも↓パロディにしてみました。

これはステッカーが作れるプリンタ用紙に印刷したものを、
はさみでチョキチョキ切りました。

2014年4月21日月曜日

ステッカー剥がし

ステッカーを貼る前に、ステッカーを剥がしたお話を。

事の発端は、2月の大雪。
気がつくと、ステッカーが剥がれていました。

軽自動車(モコ)のボンネット

キャンピングカー(ZiL)のおでこ部分

いずれも、傾斜のある面のステッカーの上部が剥がれていました。
他の垂直面のステッカーは無事。
だから積もった雪のずりおちが原因と推測しています。
洗車の高圧の水にも剥がれなかったステッカーなのに…雪ってすごいですね。

ステッカーを剥がすのには、何か溶剤が必要なのかと思ったのですが、
ネットで調べてみると、爪+ドライヤーが一番なようでした。
(溶剤は、車体も痛んでしまう恐れがあるようです)

端っこを、爪でカリカリ…そして、ひっぱる〜

ドライヤーで温めると、剥がしやすくなる…というより
シートが柔らかくなる→ちぎれにくくなって、 
剥がす(引っ張る)作業がしやすくなる…と感じました。

洗車↓後
キレイにとれました〜 (ノ ̄(エ) ̄)ノばんざーい

初めてステッカーを貼った時は、
ディーラーの営業さん、整備士さん、ガソリンスタンドの人たちに、
色が変わるだの、塗装が痛むだの、散々脅されました。
よかった〜   って思っていたんです。

が…


いい機会なので、貼っていたステッカーを全部はずすことにしました。
ここだけ、カッティングシートがちがうのですが…
なんと!! エンボス加工したように、跡が残りました!

コリラックマの顔、みえます?

金色のシートより白いシートのほうが、厚めだったのですが…
だからって、こんな違いがでるなんて… びっくりです。

今回、耐候性5年のシートを3年で剥がしました。
(白いシートも5年のはずだったのですが…)
やっぱりシートをはることにはリスクがありますね。

でも、貼っちゃうんですけど!


【おまけ】

これも剥がしちゃいました〜

2014年4月20日日曜日

ステッカー作成中

この10日…ステッカー作りに熱中していました。

もう、失敗の山、山、山… (T^T)シートお高いのに…

最初は白のシートをカットしたものの(右上)、気に入らなくてデザイン変更。
初めて文字をくりぬくデザインにしたら、
文字のまわりにへんなカットをいれてしまったり(左下、写真ではわからないですが)
余分な部分をはがしてる最中に、必要なものまでとっちゃったり(右下、濁点の1つ) 
黄色いシートに黒いシートを重ねて貼ったら、シワシワになっちゃったり(左上)

大きい模様にチャレンジしようとして
A4の何枚も貼り合わせて、車にあてて大きさをチェック…


ところが、カットがずれて失敗しちゃうし、
失敗が多すぎてシートがたりなくなるし、
車に貼る時も、大きいシートだと始末に負えないことがわかったので、
これは再検討中です。

というわけで、ステッカー作りの途中経過でした〜


【おまけ】

前回、試しに作った文字は、表札とポストに貼りました。

うちは前後2面、道に面していて、門もそれぞれにあります。
そのために、勧誘な人には2回ピンポンおされるし、
ポストがない勝手口の門には無理矢理チラシをはさまれます。
その防止のために「こちらは勝手口です」

そのポスト…カッコイイのをつけたら、開け方がわからないみたいで
ポストのスキマにやっぱり無理矢理チラシをつっこまれます。
その防止のために「ここを上げると開きます」

2014年4月9日水曜日

ステッチを休んでステカでステッカー

クロスステッチで久々に1作品作ったところで…
ステッチを休んで、やらなくてはならない他のことを始めてます。

次の(あるいは放置中の別の)ステッチをはじめちゃうと、
他のことを一切捨ててしまう自信があるからでーす(^◇^;)

額装などの仕上げを考え中の作品は、
スクロールフレームに貼ったまま、ポンと壁に置いてしまいました。
このまましばらく過ごしそうな予感…

やらなくてはならないこと…それは、
カッティングシートを使ったステッカー作り です。

車に貼っていたステッカーが、大雪の影響で剥がれちゃったのです…。
ステッカーはキレイに剥がしたのですが、
そうなると、出先の駐車場で自分の車が探せないんです(爆笑)

ステッカー作りには、ステカというカッティングマシンを使っています。

パソコンで絵を作ってそれを出力すると、
カッティングシートを細いカッターでカットしてくれます。
プロッタのペン先がカッターになったもの…といえば分かる人は分かる?

しばらく(…2年くらい)使ってなかったので、とりあえず掃除して、
文字を試しカットしてみました。

ぎぎぎ、ぎーこぎーこ…

最初は動きが悪くてメチャクチャになってしまいましたが、
分解して油をさしたら、キレイにカットできました。

余分な部分を剥がすのが、結構手間がかかりますが…
まるで日焼けした皮を剥がすような快感があります(笑)

透明の弱い粘着シールを上から貼ってカッティングシートを移すことで
目的の場所に貼れるステッカーが出来上がりです。

しばらくは、Macでステッカーのデータ作り+ステッカー作りの日々になりまーす。

ステッカーって、貼るのがまた大変なんですよね〜