2014年6月2日月曜日

ペグ・ハンマー用カゴバッグ完成

久々に針をもって、編み始めたのは麻紐(ジュート麻)

フェリシモ ミックス糸でこま編みを楽しむ
「ナチュラルスタイルカゴバッグの会」
(→サイト
 このガーデンバッグが欲しくて、数回購入しました。

 色の部分は、細い麻紐+コットン糸の2本どりで編みます。
(左手前の糸玉・右下の糸、バッグの編み地は、太い麻紐)

ワタシ、もともと肌が弱くて、毛糸を身につけることができません。
編み物も、毛糸は小物を編み上げるのがやっと。
さらに編む力が強すぎるので、普段から指定より2号大きい針で編んでいます。

だから…

ザラザラ麻紐なんて、あっというまに手が悲鳴をあげました。
糸をかけてる左手は、擦り傷のように真っ赤。仕方なく、綿手袋をしました。
さすがに右手は手袋をするわけにも行かず、 編み地をもつ指の腹がヒリヒリ

手袋の上からでも、糸の後が食い込んでます。
編み針を持つ手の指も、力をいれすぎて編み針の後がくっきり。  
もっと力が入れやすい針がほしい…
(編む力を緩めることは、今さら無理だろうなぁ)

今回のバッグ…入れるのはキャンプで使う、ペグ+ハンマー です。
もとのガーデンバッグより長く、浅くアレンジしました。

 かわいくなくなっちゃいました (^◇^;)


ペグ+ハンマーは重いので、持ち手は底を回す形にして、かなり外側に付けましたが…
ジュート麻って、意外に柔らかいんですね〜!

持ち運びにくいバッグになってしまいました。

このバッグが入るのは、キャンピングカーの入口にある床下収納です。
外からでも手が届く収納なので、バッグを持ち運んで使のではなく、
この収納にいれたまま、ペグやハンマーを出し入れして使うことになりそうです。

床下収納の中で、ペグ+ハンマーをまとめて保護する
カゴバッグのできあがり〜 


【ついでに…】

細いジュート麻+赤糸が少し余ったので、ハンマーカバーを作ってみました。
ペグの上にハンマーを置いても、ガラガラ音がしません。

ハンマーに合わせながら、編んではほどきを繰り返し、
なんとかぴったりサイズにできました。

 丸い部分を入れて、とがった部分にひっかけるようにかぶせます。

下の部分はパックリあいちゃってますが…
紐でむすんだり、ボタンでとめたりは、面倒でやらなくなりそう。
横にしておくバッグの中で、脱げなければこれでOKとしました。


■□■□■

今回は、本屋さんでアウトドアの本を立ち読みして、
山ガールが手編みのカップカバーを使ってる記事をみかけて、
このキットを買っていたことを思い出して作りました。

麻紐らしいニオイもありますが、アウトドアで使うものですから気にしません。
多少よごれたって、麻紐なので気にしません。
バッグが汚れたりへたって作り直すのは、むしろ楽しみ〜
これぞ、趣味(編み物)×趣味(キャンピングカー)相乗効果!  d( ̄(エ) ̄)

でも、指先の筋肉痛+皮膚ヒリヒリで、数日苦しみます…

0 件のコメント:

コメントを投稿