2014年6月26日木曜日

ZiLシートカバー製作…サイドシート編

シートカバー製作、次はサイドシート。
車の進行方向に沿った長いマットです(長さ約120cm)

今までは、シングル敷き布団用カバーでくるんで、安全ピンでとめていました。
しまむらさん(→サイトからは、定期的にリラックマの布団カバーが出ています。
これは…手芸店のリラックマの生地よりも圧倒的に柄が多い上に、
布として見てもお安いんです(2mの長さで1280〜1480円)

ただ問題は…ポリエステル100% 
洋服の裏地のように薄くツルツルテロンテロンで、とても扱いにくいこと。
そこで、接着芯を使ってみることにしました。

近所の手芸屋さんに行ってびっくり。
接着芯って、素材、織り方、厚さ、柔らかさ…いろいろあるんですねー (゜ロ゜屮)屮
接着芯は小物にちょこっと使ったくらいで、殆ど経験なしのワタシ。
見本を触ったり、掲示と実物を見比べて、悩みまくりました(@_@;)

お店にあった接着芯の掲示

2つカバーを作るので、どうせならと2種類購入。

ところが…完全接着タイプを買おうと思ってたのに、左は仮接着タイプだし、
右は薄手タイプを買ってきたつもりが、上の写真にうつってるのは中肉タイプで、
手元にあるカットされた接着芯では、どちらを買ったのかわからなくなりました。
もう、混乱しすぎ〜 ( ̄。 ̄;)

仮接着といっても、水洗いは大丈夫なようなので、
テストを兼ねて使ってみます。なによりお安いですし!

■□■□■□■

ここで問題発見。 なんと布団カバーが、アイロン禁止( ・_・;)


ダメもと、溶けてもいいや、と中温のアイロンにかけてみました。

接着芯も試し貼り

だ、大丈夫っぽい (^O^)v

余りに広い面積に貼るので、布をカットした後で、接着芯を貼ってみました。

MacでIllustratorを使って、設計。

広い面積なので、ついついアイロンを布の上を滑らしそうになりますが、
アイロンを半分ずつずらしながら5秒ずつ押す…押す…押す…
ワタシが使っているアイロンは、コードレスで小さめの。
大きくて、スチーム穴のない、コードありのアイロンがほしいな〜

布をサイズ通りにカットしてしまったので、
接着芯を端までつけるには、接着芯を少し大きめにカットし、
アイロン台に紙を敷き、あとで接着芯をカットする羽目になりました。
接着芯を貼ったあとで、布+接着心をカットするほうがよさそうです。

古いケーキ型に敷く用の紙を敷いて、接着しました。

型紙描いて+切って+布に写して+切って+アイロンかけて+しつけして+縫って+布端を始末して…
と縫い物って、同じ線に何度も何度も 作業があるところが苦手なんですよ〜
面倒くさがりなワタシは、つい色々さぼって、ボロボロの作品を作っちゃいます。

左は接着心なし。右が接着芯(ハスケルKP114)を貼ったもの。

あとは、縫えば出来上がりです。

 裏側で紐で結ぶようにしました。

 すこしカーブがかかっていますが、ぴったりにできました。
ウチは背もたれ部分のマットは使ってないので下ろしました。
かわりにしまむら製の長ざぶとんに、マジックテープを縫い付けて貼っています。

接着芯を貼る時に、表にシワができてしまいました ( ̄。 ̄;)

接着芯を貼る作業は、朝から晩までかかって泣きそうになりました。
布団カバーがお安いといったのに、接着心分を足すと結構お高い布になります。
……この手間暇と、金額をかけるだけのことがあるのか。
ここでギモンに思っては、いけません(笑)

出来上がってみれば、満足。
今回は試作のつもりで、布端の処理もおろそかにしてしまいました。
かかる手間暇を考えると、そうそう作ってられないので、
次作はもっと丁寧に作って、長持ちさせなくっちゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿