2014年8月8日金曜日

アイロン収納マット

Twitterで↓こんな記事が目にとまりました。
(文末のリンクをクリックすると記事に飛びます。
 先生のインタビューやマスコットを作成レポ、無料レシピがあります)
tezukuritown
わーー!!ステッチステッチで大高輝美さんのコロコロ人形の無料レシピが公開されてますよー!(1号)⇒「懐かしい〜!」熱中していた人集まれ!大高輝美先生のフェルトマスコット 作ってみました|ステッチステッチ - みんなでつくる手芸ポータル http://t.co/CiAlrfJ1hd
わー「コロコロ人形」の本、持ってた! 懐かしい!!!!
いつ頃買ったんだろう…? 1980年代に一世を風靡か〜。
ワタシって、大昔からなんだかんだと、作りたがっていたんだな〜
(作っていた、作った…とは言えないところが、今も進歩なし)

ー・

先日、購入したティファールのアイロンには、ケースがありません。
今までの日本製のアイロンは、充電台にアイロンを置いて
カバーをかぶせれば、熱い状態のアイロンでも安心だったのですが…
むき出しのままのアイロンって、なんだか不安になります。
子供がいるわけでもなく、ワンコも来ないエリアなんですけどね。

というわけで、アイロン収納マットを買ってみました。

広げた状態では、アイロンマットになります。

 折りたたんでバック型になります。(面テープどめ)
大きなティファールのアイロン、ギリギリサイズです。
電気コードはちょっと上に出ます。
近くの手芸店で、くまのがっこうのアイロン収納マットがあったのですが、
これよりサイズが小さくて断念しました。

蓋をかぶせます(といっても、両端2ヵ所面テープどめ)
電気コードは、蓋に付いているポケットに入れてみました。

いくらアイロンマットとはいえ、
布製品に熱いままのアイロンは入れる気になりません。
使い方にも念のため5分くらい熱を冷ますように書いてあるので、
少し冷ましてから入れることになりそうです。

ケースとしては少し頼りないのですが、ほこりよけとしては充分でしょうか。
価格もリーズナブルでしたし(^O^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿